6月4~5日 ツイスターズ2011・プロローグ

6月の4日(土)と5日(日)に、静岡県の沼津で行われたツイスターズに行ってまいりました。

まずは「ツイスターズ」をご存じない方のために、公式サイトから引用でご説明。

############################

大道芸人やクラウン(ピエロ)が使う細長い風船を総称して「ツイストバルーン」といい、それをひねる人を「ツイスター」と呼んでいます。

Japan Balloon Twisters Convention(以下「ツイスターズ」)は2004年に東京で第1回目が行なわれ、その後、大阪、小牧、新潟、広島、所沢、横浜と場所を移しながら、その地元で活動するツイスターが主催し、毎年開催されてきました。

その第8回目を2011年6月に沼津市で開催することになりました。

ツイストバルーンを仕事として扱うプロの人や、趣味でひねっている人、これから始めてみたい人そしてなによりバルーンが好きな人たち。

そんな、超初心者から超上級者までが全国から集まって楽しむことのできる大会、それが「ツイスターズ」です。

############################

高知の地元の友人知人には、マジシャンやジャグラーは数居れど、本気のツイスターは見当たりません。

(※ちなみにJBAN2003の「ウェディングテーブルアレンジ部門」優勝者はいらっしゃいます)

ツイスターズ参加2回目となる今回の目的は、多くのツイスターの方々と交流を持ち、出来れば友達になってもらうこと。
世界大会の優勝者から、初めてバルーンをひねる人まで、2日間の来場者数は5000人に及ぶ今回の大会。
コンテスタントの方々と交流するには自分もコンテストに出なきゃと思い、思い切って初出場することにしました。

高知から沼津まで交通の便を調べたところ、大阪か名古屋からの高速バスか、岡山からの新幹線しか無いということが判明!
ツイスターズ2回目にしてコンテスト初挑戦の私は、持っていく作品のことをも考えて自家用車で高速を走ることにしました。
最終的に岡山のツイスターのどいさんと割り勘&交代で運転。
数日前から昼夜逆転生活を続けてきたおかげで、750Kmを居眠りせずに走りきり、沼津の会場に無事到着しました。

怒涛の2日間の始まりです。

コメントを残す